月別アーカイブ: 2013年2月

野立て太陽光発電

野立て太陽光発電をご存じでしょうか?

野立てとは、地面の上に太陽光パネルを設置することです。

住宅用の太陽光発電では、屋根の上に太陽光パネルを設置するのが一般的ですが、産業用太陽光発電では地面の上に設置するケースが多いです。

野立て太陽光発電は、地面の造成や、架台を設置するための基礎工事が必要になる場合があります。

野立て太陽光発電の架台については、コンクリート基礎以外にも、単管パイプ、タッピングパイル、ソーラーファウンデーションなど様々な工法があります。
地面の状況や予算などに応じて適した工法を選びます。

野立て太陽光発電は、太陽光パネルを設置できる土地があれば導入できますので、遊休地、山林などを所有されている方は土地の有効活用ができます。

現在使用していない土地で、将来に建物を建築するなどの予定がある場合でも、原状回復しやすい方法で太陽光発電設備を設置しておけば心配はいりません。

にほんブログ村 環境ブログ 風力発電・太陽光発電へにほんブログ村 環境ブログへにほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへ